本骨壺ってどんな大きさ? - 「葬儀するなら葬優社」

直葬に関するご相談は24時間対応中
Tel.06-6653-3802

本骨壺ってどの位の大きさなのか?

本骨壺で納められるお骨の量

喉仏のお骨をメインに部分収骨

よく使用される本骨壺はどの位の大きさなのか?またどれぐらいの量のお骨を納めることが出来るのかご説明致します。

一般的に使用される本骨壺は2.3寸となり、直径が約7cmで湯呑みを少し小さくしたサイズとお考え下さい。首の第二頸椎の骨、喉仏といわれるお骨を中心に、足下から頭までの体の5体を部分的に少しづつお骨を拾い、納めるお骨壺となります。

大阪では、故人の遺骨の全部を収骨する風習があまりなく、部分的にすこしづつ遺骨を拾う、部分収骨が一般的となります。残った遺骨は大阪市平野区にある瓜破斎場に丁重に埋葬供養されますのでご安心下さい。

分骨が必要になる場合

本骨壺以外に、胴骨壺5寸(直径15cm)を使用して、2個に分骨して遺骨を拾う場合も多く御座います。2カ所に納骨する場合などは骨壺を2個ご用意されることをおすすめします。

なお2カ所以上に納骨を予定されておられる方は、埋葬許可書以外に、分骨証明書をもらっておくことくをおすすめ致します。分骨証明書は、火葬された斎場にて発行してもらえます。

おすすめの火葬プラン

Copyright(C) 大阪の安いお葬式 .xyzAll Rights Reserved.