お棺の中に入れる副葬品について - 「ソウユウシャのお葬式」

直葬に関するご相談は24時間対応中
Tel.06-6653-3802

お葬式の形式で直葬と火葬式の違いとは?

お棺に入れる副葬品について

お棺に入れても大丈夫なもの

故人を納めたお棺のなかによく愛用品などの副葬品を入れる際に納めても大丈夫な物についてご説明致します。

原則、燃え残りがない物であれば副葬品としてお棺に納めていただくことが可能です。但し燃えるものであっても、本などは厳選してお入れいただいております。

・故人がお好きだった服や帽子

・お別れのお花

・お好きだった食べ物(おにぎり、パンなど)

本などの紙製品を大量にいれると、燃えカスで遺骨が埋もれてしまいお骨上げに支障をきたす場合が御座いますのでご注意下さい。

お棺に入れはいけないもの

それでは副葬品としてお棺に入れることが禁止されているのもをご紹介します。

燃えないもの、燃え残る副葬品に関してはお棺に入れることが禁止されております。具体的に例を挙げますと

・眼鏡や腕時、やライターなど

・缶や瓶に入った飲み物

・カセットテープ、ビデオテープ、CDなど


燃え残るものは、火葬後の処分に困るのでお控え下さい。またビデオテープなどは磁気テープとなるため燃えません、遺骨に磁気テープが絡みつき、お骨上げが困難となります。

理想は何も入れない

火葬に際していちばん良いのは、お棺に何も入れないのが良いとされております。

副葬品を入れることにより、火葬時間の延滞や火葬炉の故障の原因にもなるからです。

ルールを守ってお棺には「燃えるもの」だけをお入れ頂くようご協力をお願い致します。

おすすめの火葬プラン

低料金で行える火葬だけの葬儀

大阪市民で火葬をお考えの方

・ 直葬がおこなえる大阪市営斎場

・ 大阪市民なら 総額10万9千円

Copyright(C) 大阪の安いお葬式 .xyzAll Rights Reserved.